パスポート取得方法

パスポート(5年用)申請のごあんない

1.パスポートとは

パスポートは世界で通用する“身分証明書”です。
世界のほとんどの国が、外国人の入国・滞在を許可する条件の1つとしてパスポートの携帯及び呈示を求めています。
また普通は、自国民の出国・帰国の際にもパスポートの携帯及び呈示を義務付けています。
つまり、パスポートを持っていなければ、世界のどの国にも入国できないばかりではなく、そもそも日本から出国することさえできません。つまり、パスポートとは、世界で使われる身分証明書、ということになります。

2.取得までの流れ

1. 必要な書類、写真、印鑑などを準備します。
2. 一般旅券発給申請書に必要記入事項を黒ボールペンで記入し、所定の場所(自分が住んでいる市町村ごとに異なります)に提出します。
また、この時、消しゴムで消せるボールペンや筆ペン、修正液、修正テープなどを使用してはいけません。
3. 申請に必要な書類(1)

 

3.申請に必要な書類(1)

戸籍謄本(または戸籍抄本)・・・1通

全部事項証明、個人事項証明とも呼ばれます。市役所へ行って発行してもらいます。300円程度。半年以内に発行されたものを用意します。
2ページ以上ある場合は切り離さないこと。

印鑑

朱肉を使用するもの、認印で可。(シャチハタは不可)

本人確認書類

日本国旅券(失効後6カ月以内のもの含む)、写真付きの住民基本台帳カード、運転免許証、電気工事士免状、無線従事者免許証、小型船舶操縦免許証などを持っている人は1つあれば大丈夫です。

4.申請に必要な書類(2)

本人確認書類 (A+A)または(A+B)の組み合わせで2つ

A

健康保険証、国民健康保険証、船員保険証、共済組合証、国民年金手帳(証書)、厚生年金手帳(証書)、船員保険年金手帳(証書)、共済組合年金証書、恩給証書、印鑑登録証明書(登録印鑑も必要6カ月以内の発行)

B

本籍地市町村発行の身分証明書、生活保護受給証明書(パスポート用)(以上6か月以内の発行)、母子健康手帳(経産婦、妊娠中の方)、写真付きの身体障害者手帳、被爆者健康手帳、自衛官診療証、老人保健法・(重度)心身障害・ひとり親(母子・父子)家庭・乳幼児・特定疾患の各医療費受給者証、在学証明書(学校教育法第1条に規定する学校発行のもの)、資格証明書(国務大臣または都道府県知事発行のもの)、写真付きの身分証明書(氏名の確認ができるもの)、日本国旅券 (失効後6ヶ月を経過したもの)

※パスポートの期限が失効している人は古いパスポートを持参します

5.申請に必要な書類(3)

写真

●申請者本人のみを撮影したもの。
●正面向き
●無帽(帽子や装飾品は認められない)
●無背景
●目元・輪郭が隠れていないもの。
●縁なしで左記の寸法を満たしたもの
●顔の寸法は頭頂(髪の毛含む)から顎までカラー、モノクロどちらでも可
となります。

 

6.写真についての注意点

パスポート写真として不適切なものは次のとおりです
●不鮮明なもの、傷や汚れのついたもの
●変色したり、明るさやコントラストが不適切なもの
●背景と人物の境目がわかりにくいもの、影のあるもの
●平常の顔と著しく異なるもの(口を開いたり、笑顔で歯を見せない)
●めがねのレンズに光が反射したもの
●サングラス、マスク及び前髪などが目・鼻・口を隠すもの
●大きなアクセサリーや襟、マフラーなどで顔が隠れたもの
●ヘアバンドなどで頭髪を覆っているもの
●写真専用用紙以外の用紙に印刷したもの
●デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)があったり、画質が不適切なもの。
写真はスピード写真ボックスなどでも撮れますが、上記を自分で注意しなければなりません。写真館や写真店で撮ることをおすすめします。

一般旅券発給申請書の書き方と注意

一般旅券発給申請書(表面)の書き方1

一般旅券発給申請書(表面)の書き方2

一般旅券発給申請書(裏面)の書き方1

一般旅券発給申請書(裏面)の書き方2

旅券窓口

自分の住んでいる地域により、提出場所が異なります。下記の申請先を確認して提出してください。
受取時には「引換証」「11000円」「印鑑」を持って必ず本人の受けとりとなります。

所在地 札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45ビル4階
電話番号 011-231-1116(テレホンサービス) 011-219-3388(平日8:45~17:30)
取扱時間 申請 月~金 9:00~16:30( 土曜・日曜・祝日及び12/29~1/3は休み)
交付

月~金 9:00~18:00(日)9:00~17:00

土(曜、祝日(祝日にあたる日曜日を除く)及び12/29~1/3は休み)

詳しくは外務省HP


ページの先頭へ