カンボジア(シェムリアップ)について

 

こんにちは(スォスダイ)

 

カンボジアと聞いてアンコールワットを思いつく方が多いと思いますので、

今回は簡単にアンコールワットの大きさ等についてお話をさせていただきます。

 

密林の中から突如現れるこの遺跡は12世紀前半に建設され、東西1,500m、

南北1,300m、幅約200mの堀に囲われ、中央祠堂の尖塔の高さは地上65m。

なかなかピンとこないと思いますが、面積は東京ドーム15個分で石材は

300億トン使用されています。当時接着剤などない時代でしたので、接着剤の

代用として漆喰を使っていたらしいです。

 

アンコールワットの前に池がありますが、池に映る逆さアンコ-ルワットも

必見です。また、是非第3回廊へ登ってみて下さい。傾斜角60度(記憶では2007年

以前はそのままの石の階段で傾斜角70度、前にいる方の踵が顔に当たる状況でした)の

板で作られた階段はちょっと厳しいところもありますが、三重の回廊を進むごと

に天に近づくと考えられていました。数回登りましたが、個人的に眺めは抜群でした。

お勧めしたい1つです。

 

 

次回は他の遺跡についてお話しします。

 

ありがとうございます(オークン チュラン)

トップへ戻る