カンボジア(シェムリアップ)について

こんにちは(スォスダイ)

 

今回はバンテアイ・スレイとプノン・バケン寺院についてお話をさせていただきます。

 

バンテアイ・スレイは郊外にある非常に小さな遺跡で、シェムリアップから車で約60分くらいのところにあります。

大部分が紅色の砂岩でできており、深く彫られたすばらしい彫刻が施されています。バンテアイ・スレイとは「女の砦」を意味します。

「東洋のモナリザ」と呼ばれている彫像は見逃すことはできませんが、今は遺跡保護のため10mくらい離れたところからみることになりますが、それでも彫刻の美しさは堪能できるかと思います。

 

プノン・バケン寺院はアンコールワットから北西に1.3㎞離れたプノン・バケン山にあります。ここの夕日は有名で、夕日見たさに多くの人々でにぎわいを見せています。

登山道は緩やかな坂になっており、ふもとから徒歩15分くらいで階段のところまでは楽勝でこれます。

が、夕日を見る最上壇は70度の勾配のある階段を上りますので、この階段を征服すれば、すばらしい夕日を眺められます。

最上壇からは360度のパノラマが広がっており、アンコール・ワットやトンレサップ湖が遠望できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バンテアイ・スレイ デヴァターの彫像(東洋のモナリザ) (photoACから引用)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        プノン・バケン寺院最上壇からの夕日

 

 

次回はクバール・スピアン(水中遺跡)についてお話しします。

ありがとうございます(オークン チュラン)

トップへ戻る