フライングHONU 新千歳発着チャーター便

9/19(日曜) ANA フライングHONU 新千歳発着チャーター便に搭乗してきました

まさか当選するとは、先月当選通知メールをもらい、搭乗してきました。

当日は、午前10時から、搭乗グループが1~7つに分かれて、時間差で搭乗手続きを
しました。

その後、案内された時間までに保安検査場を通過し、バス移動のため、搭乗待合室102番に移動、移動アナウンスまで待機。

12:40頃にバスで移動開始。途中、B787機の到着があったため、一旦、バスは停車
まじかで駐機場に停止するところを見ました。

「とにかくでかい、世界最大の民間機とご対面」

駐機場27番のフライングHONU1号機ブルーの「ラニ」くんと対面、大きさを感じながら、タラップの階段を上り、めったにないR1ドアから搭乗、座席に着席しました。

座席には13.3インチのモニターがついて、機内番組、機外の様子を見られるようになって
いました。

「離陸へ!」
13:18にブロックアウト、機首を南側に向けて、プッシュバック、誘導路をとおり、ランウェイ01Lから、13:33に離陸、ちなみに、新千歳空港でのA380の離発着はA滑走路
になっているそうです。

「飛行コース」
離陸後、右旋回をして、19,000フィート(約5,800メートル)、時速380ノット(約700キロメートル)で水平飛行へ、上昇中、厚真町の上空では3年前の胆振東部地震の山崩れの様子を見て、その凄さを改めて感心しました。

その後、日高山脈を越え、帯広、浦幌から一旦太平洋へ抜け、釧路沖から、女満別へ、その後、オホーツク海の陸地沿いを飛行し、稚内、利尻島上空で新千歳に向けて旋回しました。
晴天に恵まれ、上空から見る、利尻富士は、とてもきれいで、印象に残りました。

「着いちゃった!」
楽しい時間は早く過ぎるものです。15:14着陸、駐機場27番にブロックインして、今回のフライトは終了、搭乗から降機まで約3時間近く、機内におりました。
この到着がハワイ・ホノルルだったらと、、、思ったりしておりました。

「ANA A380 チャーターフライトのご案内」
新型コロナの影響で、以前のような海外旅行ができない状況にあるため、ANAでは
ANAマイレージ会員向けに、このA380を利用して、チャーターフライトを実施しております。旅行会社では対応できないツアーのため、興味のある方は、ANAのホームページにアクセスしてみてください。

「HOKKAIDO otoriyose clubのご案内」

そうそう、機内ではハワイの見どころ、食べるお店の紹介ビデオが流れていました。
ステーキ食べたいと思わず思ったり!
よかったら、地元千歳の「肉の山本」さんの「ジンギスカンやステーキ用のお肉など」を
紹介しておりますので、ご覧ください。

ホヌ2

写真は、
到着後、操縦席からあいさつをしてくれていた今回のフライトのキャプテン(機長)の〇〇さんです。
テーブルにのせた2号機の「カイ」くんのぬいぐるみです。

トップへ戻る